fbpx    

メニュー

スタッフコラム - フィットネス&スパVIVA板宿-リラックス施設充実のスポーツジム

スタッフコラム

ダイエットの味方!?

日曜日担当のイケメンマッチョトレーナー

三村のお時間です。

 

本日も有益な情報をお伝えしていきます

 

皆さんは、オートミールってご存じでしょうか?

 

私はダイエットの際は朝、昼はオートミールをほとんど

食べているのですが、なかなか癖のある味です。

 

本当に好き嫌いで分かれる食品なのですが

栄養価は高いので、できれば積極的に食べてもらいたいです。

 

大体1カップ80gで10gのタンパク質と55gの炭水化物

をとることができ食物繊維とビタミンEが豊富でお腹にも優しいで

すし、何としても腹持ちがすごく良いです!

 

腹持ちがいいのはダイエットの味方!

 

ダイエットの敵は空腹でもありますから!

 

オートミールはふやかして食べるもので、茹でる、レンジでチン

などで調理しますが、続けるのが一番なのでラクチンなレンジでチンが

良いかと思います。

 

ちなみに私の好きな食べ方は少し多めに水を入れ

チンした後、チョコ味のプロテインを入れかき混ぜて食べるのが好きです。

 

すごくおいしいです!

 

私の知り合いはお茶づけにして食べている方もいらっしゃいます。

 

気になった方は是非、食生活にオートミールを取り入れ健康な

身体を作っていきましょう!

筋肉量は落ちる

こんにちは。金曜日担当の前田です。

 

早いものでもう5月が終わり、6月を迎えようとしています。

 

本日は、「サルコペニア」について、書いていきたいと思います。

 

皆さん、「サルコペニア」という言葉を聞いたことはありますか?

 

この言葉は、ギリシャ語の「筋」を意味するsarxと

「減少」を意味するpeniaに由来する造語となっています。

 

一般には、「疾病などの明らかな原因なくして生ずる、高齢に伴う筋量の低下」や

「高齢者において、筋量が一定以上減少した症状」などを指します。

 

筋力は、特別なトレーニングを行っていない人であれば

30歳あたりから衰えが始まり、筋力は年々低下し続けていきます。

 

30歳のときの筋力を100%とすると80歳では約40%であり

年間で平均減少率は1,2%であると言われています。

 

しかし、この低下率は常に一定ではなく60歳までは比較的穏やかで

あるが、60歳を超えると筋力の低下率が高まります。

 

80歳での最大筋力は60歳の時の半分程度まで低下してしまいます。

 

ただ、筋力トレーニングを継続して行うことによって

加齢に伴う筋力の減少率を抑えることができます!

 

筋力トレーニングを行っている方の30歳から80歳までの

平均減少率を大きく抑えることが可能になります。

 

このように筋力トレーニングを行うことによって筋力の減少率を抑えることが

できるので、継続的にトレーニングすることは大切になります。

 

何事も継続するのは大切になるので、「継続」というのは1つポイントに考えてほしいと思います。

クラブ再開までに準備運動をしましょう

こんにちは。木曜日は楠瀬の担当です。

 

ようやく、兵庫県も緊急事態宣言が解除となり

未だフィットネスクラブはその対象外になっていますが

6月以降では再開ができる見通しがつきました。

 

この約2か月間で運動不足になっている人は

多くいると思います。

 

そうした方は6月以降で久々に来館した時に

いきなり体を動かして

身体を痛めたりしないように

今からでも軽く自宅でストレッチや

近所をウォーキングしてみるなどして

身体を少しほぐしてからの方が安全です。

 

もし該当する人がいたら

残り1週間くらいの間で

運動のリハビリをしてから

クラブで本格的に運動再開できるようにしましょう。

音楽の力

 

こんにちは、爽やかイケメントレーナー中尾です。

 

 

次はいつになるかは分かりませんが、

 

次回の格闘技の試合で使う入場曲を考えています。

 

 

ちなみに今はミュージックステーションのテーマを使用しています。

 

 

音楽の力は偉大なのでここはじっくり考えて決めたいと思います。

 

 

音の特性は楽曲によって様々に異なりますが、

 

私たちをリラックスさせたり奮い立たせたりと音楽は良い影響を与えてくれます。

 

 

科学的にも、副交感神経に作用してリラックスさせる効果があることが分かっています。

 

 

自立神経のバランスが整うとリラックス効果の他にも、

 

睡眠の質の向上、免疫力のアップ、冷え性の改善など様々な効果が見込めます。

 

 

「健康」というと運動や食事の面ばかりに気を取られがちですが、

 

こういった音楽のような娯楽などを使い「心の健康」も気にしてほしいと思います。

 

 

それではまた来週お願い致します。

 

NGな食事

こんにちは! 月曜日担当の薮本です。


今日はダメな食べ方について話していきます。

 

まず揚げ物です! 揚げてから時間が経っているものは

油の酸化が進んでしまっています。

 

その油の酸化が体内で活性酸素を作りだし

①脂肪が増える

②シミ・ニキビなどの肌荒れ

③老化 などの原因になります!

なるべく控えましょう。

 

続いて… サラダ、刺身、冷たい飲み物、冷たい食べ物、糖質が多い食品 etc

こういった食品の摂りすぎは 冷え・むくみの原因になってきます。

 

そして食べすぎた翌日 みなさんはどうしていますか?

 

食事を抜いて調整などしてないですか??

 

それはだめです!!

 

食べすぎた翌日でも食事は抜かずに量を控えめにして食べるようにしましょう。


※空腹時間が長く続くと 次の食事の吸収率が上がり 太りやすいカラダになってしまいます。

 

空腹時間は気をつけましょう。

 

最後に… 代謝を上げるためには内蔵が使うのが大切です。

 

 

(吸収力・代謝力を高めること) スープやゼリーしか摂らない食事はやめましょう。

 

しっかりと固形物を食べて口を動かす 食事を摂るようにしましょう。

 

今日はここまでです。 また来週もお楽しみに!

噂の成分!?

日曜日担当のイケメンマッチョトレーナー

三村のお時間です。

 

本日も皆様に有益な情報をお伝えしていきます。

 

本日は、HMBという成分について

簡単にお伝えしていきます。

 

この成分はサプリメントで販売されています。

 

クラブでもすごく聞かれるこの成分ですが

アミノ酸であるロイシンの代謝産物です。

 

主な効果として、筋肉肥大、筋肉の減少抑制、回復促進と

この3つが挙げられます。

 

いろんな研究がある中、1日3~6gを摂取することで効果が

あると言われていますが1回で摂取しても効果が見込めず

1日数回に分けて摂取する必要があります。

 

朝、昼、晩などがオススメです。

 

ですが、このサプリだけではあまり変わりません。

 

普段の食生活、トレーニングのプラスで摂取することによって

効果が発揮しますので、上記の2つがマスターされている方は

是非1度試してみてどうでしょうか!?

自宅待機中でも日光を!

こんにちは。金曜日担当の前田です。

 

新型コロナウイルスが徐々に収束に向かっている印象を持ちます。

 

ただ、まだ気を抜いたらいけない状況なので日々の行動は気をつけていきましょう!

 

さて、本日は「日光」の大切さについて書いていきたいと思います。

 

皆さまの中に自宅待機をしている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、外に出て「日光」を浴びるということは

健康に生活する上では大切になるのは皆さん知っていますか?

 

なぜ、日光を浴びることが大切なのかというと

1つに体内時計を整えるために必要だからです。

 

睡眠・体温の変化・ホルモンの分泌といった生命活動のリズムは

人間が健康に生活する上では必要なことですが、日光を浴びないと

いうことはこのリズムが崩れてしまう可能性があります。

 

そのため、毎朝日光を浴びることによって、体内時計を整える必要があります。

 

もう1つにビタミンDを生成するために必要です。

 

人間は日光を浴びることによって、ビタミンDが生成されます。

 

ビタミンDは骨を健康に保つ働きがあります。

 

また、乳幼児の骨の形成には重要であり、ビタミンDが欠乏することによって

クル病や骨軟化症になるリスクが高まってしまいます。

 

日光というのはカラダにとって害のあるものと思っている方も多いと思いますが

過度に浴びないことは返ってカラダを不健康にする原因になってしまいます。

 

そのため、自宅待機中でありますが、毎朝の散歩だけでも良いので

日光を浴びる習慣をつけていきましょう!

快感ホルモン「ドーパミン」について

こんにちは。木曜日は楠瀬の担当です。

 

本日は先週の続きで

ストレス緩和ホルモンについてで

今回は「ドーパミン」についてです。

 

ドーパミンとは別名「快感ホルモン」「意欲ホルモン」

と呼ばれているホルモンです。

 

別名通り、ドーパミンは

快感ややる気、意欲、向上心、記憶、学習能力、運動調整に

関わっているホルモンです。

 

ちなみにドーパミンは誰でも聞いたことのある

アドレナリンになる前の物質で

正しく分泌されると集中力を高めたり

運動能力を高めたり、

スポーツなどで超集中状態「ゾーン」も

アドレナリンが過剰分泌し「戦闘態勢」入ることが大きく関わっていますね。

 

アドレナリンの話はこれくらいにして

ドーパミンは快感ホルモンとあるように

人間の欲望の1つの快感欲望に関わり、

努力して成果報酬を得たい欲求です。

 

つまり報酬欲をコントロールしているとも言えますね。

 

これが低下するとどうなるかというと

物事への意欲関心が弱くなり、運動、学習力の低下につながります。

 

こうなっていくとストレスはたまっていく一方、

ドーパミンがしっかり分泌されていると

仕事などにも集中しやすくなりますし、

意欲がわいて良い行動につながっていきます。

 

そうすれば、ストレスもそもそもたまることを

抑制できますし、

たまっていても緩和することができますよね。

 

分泌には多少の目標に対してのストレスが必要になりますが、

食事の観点で言えば、

アミノ酸のチロシンという物質が

ドーパミンの材料となっており、

チロシンは納豆やチーズなどの発酵食品、

鰹節などに含まれているので

そうしたものも意識的に摂取できるとよりいいですね。

 

というわけで本日は以上。

来週も楽しみにお待ちください。

腸内環境について

 

こんにちは、爽やかイケメントレーナー中尾です。

 

 

先日、新しい携帯電話を購入しました。

 

使い方を覚えるのが難しくて挫けそうになりますが、

 

高画質になったカメラで写真を取りに行くことが楽しみです。

 

自粛明けの楽しみが一つ増えました。

 

 

今日は腸内環境についてお話をしたいと思います。

 

 

腸内環境を整えるために食事内容に気を使っている方も多いと思いますが、

 

内容だけでなく食べるタイミングにも配慮してほしいと思います。

 

 

まず午前4時~正午までは「排泄の時間」と考えられているので、

 

できるだけ消化に負担のかけない朝食を摂りましょう。

 

 

朝起きたら白湯を飲むのも良いと思います。

 

 

また、起床から3時間を過ぎると、

 

内臓がフル活動を始めるので、栄養を吸収する準備が整います。

 

 

摂取した食事を消化し、栄養素を効率よく吸収できるので、

 

正午~20時までは食事に適した時間といえます。

 

 

このようなことを意識して食事を摂っていただけると、

 

腸内環境はより整いますので頭の隅にでも置いていただけたらと思います。

 

 

それでは今日はここまでです。

 

 

また来週よろしくお願いします。

 

 

食事面で少しでもストレスの軽減を!!

 

こんにちは!

 

月曜日担当の薮本です。

 

 

みなさん緊急事態宣言が延長され

 

家で過ごす時間がさらに増えましたが

 

元気にお過ごしですか?

 

 

毎日運動しに来てた方など特に

 

自粛生活が続いててストレス

 

溜まってませんか?

 

 

そんな方々に少しでも役立てるように

 

今日は食事面でのストレス軽減法をご紹介します。

 

 

まず…

 

ホルモンバランスを整える食品

 

→とり肉、脂質の高い魚、

 

大豆(良質のタンパク質)etc.

 

※女性の方は特に!!!

 

 

気分の浮き沈みを防ぐ

 

→サーモン、イワシ、サバ(脂ののった魚)etc.

 

(n-3系脂肪酸やビタミンDが多く含まれているため)

 

 

 

続いてストレスの原因となるので

 

避けて頂きたいことです。

 

 

1.同じようなおかずを食べ続けるのは避けましょう。

 

同じようなおかずを食べるとストレスとなり

 

さらにそのストレスで痩せにくくなります。

 

(同じ栄養素ばかりだと、栄養がかたよりストレスに)

 

 

2.どうしても甘いものが食べたい時

 

14~15時の間に!!!

 

1日でも最も太りにくい時間帯です!

 

(逆に夜中の2~3時は太りやすい時間と

 

なっているので、避けましょう。)

 

※なるべく和菓子や果物で

 

洋菓子は控えましょう。

 

 

ストレスを軽減し少しでも快適に過ごし

 

自粛生活を乗り切って頂きたいです。

 

 

今日はここまでです。

 

また来週もお楽しみに!

 

Copyright ©フィットネス&スパ VIVA板宿 All Rights Reserved.