fbpx    

メニュー

楠瀬 孝哉 - フィットネス&スパVIVA板宿-リラックス施設充実のスポーツジム

スタッフ紹介

FITNESS & SPA VIVA板宿のスタッフについて

楠瀬 孝哉
楠瀬 孝哉
担当 サブマネージャー
運動歴 剣道・水泳・ダンス・サーフィン
趣味

ボルダリング ・映画・音楽・アニメ鑑賞

ストリートダンス・トレーニング

一言

当クラブのようなジムスタジオ型フィットネスの一番の魅力は年齢や性別関係なく、目標や楽しみなど様々なニーズの方が多く集まるコミュニティとなっていることだと思っています。その為、運動をしながら、これまでに関わることのなかった新しい交流関係を築くことができ、身体的にも精神的にも健康的な身体や習慣作りができると思っています。また、トレーニングだけもしくはスタジオだけといったクラブでは、どうしてもできることが限られてしまいますが、ジムとスタジオの両方があるということはそれだけ答えることのできるニーズも増えます。ジムスタジオ型のフィットネスクラブではお客様に実際に体験していただき、それぞれに合った運動の習慣を作っていくにはとても最適な環境だと思います。当クラブでは、運動の習慣が元々なく、不安な方でも心配なく運動を始めていただけるように入会初期のお客様に対して、トレーナーがついてトレーニング指導を行うサービスも行っており、そこで自分に合った運動の方法を見つけるお手伝いができればと思っております。そして、最終的にお客様の健康のために良い習慣をつける環境となればと考えております。

・健康産業への想い

私が健康産業に携わるきっかけとしては、小中学で運動をはじめ、免疫力がつき、それまで体調を崩しやすい状態を改善したことと高校時に運動に合わせ、食事の改善を行い、身体づくりに運動だけではなく、食事の重要性も知ったためです。現在では多く普及していますが、当時のこの道を決めた高校時では少ないスポーツ選手向けの栄養指導に興味を持ち、現在トレーナーとしてこの業界に関わらせていただいています。また、私は現在のトレーナーをやる前は、元々栄養士として病院勤めをしており、そこで見たものはとても健康とは程遠い、辛うじて生命維持をする栄養しか摂ることのできない患者様が多い現状でした。そこでそうなるよりも前の健康な時からその状態を維持する予防の方面に興味を持ち、さらに当時では栄養のことばかりで運動に関して知識も乏しいことからトレーナーとして働き、運動に関しても強くなり、栄養と運動の両面から健康やスポーツ選手のコンディション管理ができるようになりたいと思い、現在に至ります。最近では「人生100年時代」、定年の基準も年々引きあがり、いかに長く健康で生活や仕事をしていくかが重要視されるようになった時代でこうした健康産業の必要性も高まっています。しかし、情報社会ともなったことで健康に対しての情報は増えたもののどれが正しいものなのかもあいまいとなっているのも現状であり、健康を意識しフィットネスクラブに通っていただいているお客様には、正しい情報を運動だけでなく、栄養、休養の面からもお伝えし皆様の健康へのサポートができればと思います。

Copyright ©フィットネス&スパ VIVA板宿 All Rights Reserved.