メニュー

スタッフコラム - フィットネス&スパVIVA板宿-リラックス施設充実のジム

スタッフコラム

身体の材料となる栄養素 -パート2-

こんにちは。日曜日担当の楠瀬です。

 

本日で6月も終了し、明日より7月ですね。

 

何と早くも1年の半分が終わったということになります。

あなたはこの半年をどう過ごしましたか?

 

半年前と比べた時に考えたような状態になっているでしょうか?

こうしたタイミングで振り返りをすることは良いかもしれませんね。

 

それでは本題です。

 

先週は身体の材料となる栄養素として

「タンパク質」について

お話しをしていきました。

 

本日はもう1個の体の材料となる

「脂質」について

お話ししていきます。

 

脂質と聞くと、どちらかといえば、

お腹周りにつく皮下脂肪や内臓脂肪のことを

思い浮かべる方がほとんどで

極力ない方が良いと考える方がほとんどだと思います。

 

しかし、脂質は身体でも特に重要な場所を構成する材料として

とても大切な栄養素となります。

 

その場所とは、脳であり、

人の脳みその約60%は脂質で構成されており、

そうした面から極端なダイエットが健康に良いかといえば

そうとは言い切れません。

 

さらに細かいことを言えば、

体の油の比率も重要であり、

アマニ油や魚の油などと同じ「オメガ3」と言うものが1に対して

キャノーラ油やこめ油に多い「オメガ6」が4になることが

理想的と言われています。

 

しかし、日本人は揚げ物や油をよく使うことが増え、

後者の「オメガ6」を取りすぎであり、

「オメガ3」が1に対し「オメガ6」が16~20ほどの比率に

なっていると言われており、

これが原因で現在増えているものは

アトピーやアレルギーの症状などです。

 

そうならないためにも、

「オメガ6」を少なく、「オメガ3」を多く摂る

意識を持つことは大切になっていきます。

 

ただし、オメガ6を現代で減らすことは難しいため、

「オメガ3」つまりはフィッシュオイル(魚油)や

アマニ油、えごま油といった油を生で随時摂取していくことが

体内の脂質の比率を良くしていくためにも重要となります。

 

ぜひ参考にしていただければと思います。

神戸マラソン抽選結果

こんにちは!土曜日担当の松比良です。

 

先日から梅雨に入りましたね。

ついにという感じです。

 

雨量が多くなるようなので

ジムに来られる際は気を付けて

お越しください。

 

それでは、本日の内容に入っていきます。

 

本日は、神戸マラソンの抽選結果を

踏まえたお話を少しばかり。

 

昨年は、初めての挑戦として

神戸マラソンに応募をしました。

 

抽選結果は皆さんもご存じの通りで

倍率の高い中見事に当たり走ること

となったわけです。

 

練習をほとんどしませんでしたが

なんとか完走をすることができました。

 

走った結果、きつかったですが

とても楽しく、気持ちよかったので

今年も挑戦をしようと決めて応募を

した次第です。

 

そして、今年の結果は、、、

 

見事に落選!涙

 

簡単には当たることのない厳しい世界だなと

思いました。

 

会員さまでも何人か応募をしていた

ようで、私の耳には「落選した」

という声が多かったですね。

 

当たった方には頑張って欲しいと

思います。

 

マラソンは、完走を目標として頑張り、

達成感や満足感を得るためにはとても

いい運動だと思います。

 

私もそれらの感情を目的に挑戦をしようと

思っていました。

 

しかし、健康維持のため、ダイエットのため

にマラソンを頑張ることはあまり効率は

良くありません。

 

むしろ逆効果だったりもします。

 

長時間の運動により「活性酸素」の

分泌による老化促進

 

1kgの脂肪を減らすためには

「フルマラソンを3回分」

走らないといけないという事実

 

このように頑張っていても目標とする

ところが違うと意味をなさないわけです。

 

走って

 

・気持ちがいい

・ストレス発散になる

・心肺機能を強化したい

 

このような方はやっていただいても

いいと私は思います。

 

気持ちがいいというのは私も分からない

ことはありませんので。

 

しかし、健康維持やダイエットを目的に

する人であれば

 

・筋力トレーニング

・ストレッチ

 

これらを中心にして欲しいと思います。

 

自分にはどのような運動が必要なのか

また考えてみてください。

 

それでは、次回もお楽しみに!

日光を浴びること

こんにちは。金曜日担当の前田です。

 

6月の終わりを向けており

これから本格的な夏を迎えようとしています。

 

ただ、明日からは雨模様のようですね…

 

さて、本日は「日光」の大切さについて書いていきたいと思います。

 

これから暑い季節が待っており、外に出歩くことが

嫌になる方も多いのではないかと思います。

 

しかし、外に出て「日光」を浴びるということは

健康に生活する上では大切になるのは皆さん知っていますか?

 

なぜ、日光を浴びることが大切なのかというと

まず1つに体内時計を整えるために必要だからです。

 

睡眠・体温の変化・ホルモンの分泌といった生命活動のリズムは

人間が健康に生活する上では必要なことですが、日光を浴びないと

いうことはこのリズムが崩れてしまう可能性があります。

 

そのため、毎朝日光を浴びることによって、体内時計を整える必要があります。

 

もう1つにビタミンDを生成するために必要です。

 

人間は日光を浴びることによって、ビタミンDが生成されます。

 

ビタミンDは骨を健康に保つ働きがあります。

 

また、乳幼児の骨の形成には重要であり、ビタミンDが欠乏することによって

クル病や骨軟化症になるリスクが高まってしまいます。

 

日光というのはカラダにとって害のあるものと思っている方も多いと思いますが

過度に浴びないことはかえってカラダを不健康にする原因になってしまいます。

 

そのため、毎朝の散歩だけでも良いので日光を浴びる習慣をつけていきましょう!

睡眠で疲れを取ろう

 

こんにちは、水曜日担当の高木です。

 

6月もあと少しで終わりですね。

 

このまま雨が降らずに夏が来るのかと思っていましたが、

ようやく梅雨に入りましたね。

 

あなたは、朝目覚めたときにすっきりと起きられているでしょうか?

 

それとも、疲れを感じてもう少し寝たいと思って起きていますか?

 

夜寝ようとしたけど寝付きが悪く、 

お酒を利用して寝ようとされている方もいるかもしれません。

 

しかし、 

そういった方は朝起きても疲れが残っていることが多いはずです。

 

睡眠の質を上げ、夜の間に体を回復させることは大切です!

 

そのために、うまく自律神経を働かせる必要があります。

 

夜になっても日中の活発モードのままで脳や神経が休まっていないので、 

夜のリラックスモードに変換するのです。

 

私たちの日常では、 

意識をしなくても五感から莫大な情報を得ています。

 

まずは、その情報が入ってこないように 

工夫をしてみると自然とリラックスすることができます。

 

電気をつけたままで寝てしまうと夜中に目が覚めることがありますよね。

 

そんな状態では脳は休まらないので、 

部屋の電気を暗くすることは大切です。

 

また、アイマスクをしたりタオルを目にかけるだけでも 

安心して休める状況を作ることができます。

 

寝る前にスマホを触ることが多い方もできるだけ控えた方がいいでしょう。

 

また、季節的にも窓を開けて寝ている人も多いと思います。

 

車や電車の音がよく聞こえる位置に住んでいる方は、 

耳をふさぐような工夫をしてもいいと思います。

 

それでも疲れが取れなかったり寝付きが悪いという方は 

体の緊張を取るための工夫をしてみてください。

 

ポイントは関節の緊張を取ることです。

 

神経が集まっている首の下にタオルを置き、すきまを埋めるのもいいです。

 

また、膝下にクッションを挟み、膝を緩めるとお腹の緊張が和らぎます。

 

他にも、呼吸を深くゆっくりと繰り返したり、

ストレッチやマッサージをしたりしても体の緊張を取ることができます。

 

睡眠で疲れが取れずに困っている方は是非試してみてください! 

身体の材料となる栄養素 -パート1-

こんにちは。日曜日担当の楠瀬です。

 

6月も早残り1週間となりました。

 

今月は周年記念ともあり、現在特別レッスンも行っていますので

多くの方のご参加お待ちしております。

 

それでは本題ですが、

本日は身体の材料となる栄養素についてお伝えしていきます。

 

前回は身体のエネルギーとなるものとして

「炭水化物」をメインにお伝えしました。

 

今回は身体の材料つまり身体を構成する血液や筋肉、骨といった

部分に使われている栄養素で

主には

「タンパク質」

「脂質」

の二種類からなります。

 

その中でも本日は「タンパク質」についてです。

 

タンパク質となるとあなたが連想するのは何でしょうか?

 

おそらく、運動をしている方の多くは

「タンパク質=筋肉」と印象があるでしょう。

 

しかし、それはあくまでも筋肉に使われる比率が多いからで

その他にも血液や脳、神経、骨、肌や爪といった身体の大部分に

使用されており、そこでそれぞれの場所に必要な栄養素とくっつくことで

私たちの身体の一部となっています。

 

代表例としては、コラーゲンがありますが、

これはたんぱく質とビタミンCから構成されているものであり、

極端なことを言えば、タンパク質が必要量摂れている方は

おそらく肌の調子が良い方が多いはずです。

 

コラーゲンを例としましたが、

なぜこうしたものを摂るべきか宣伝しているかといえば

日本人はほとんどがタンパク質の1日摂取量が足りていないからです。

 

本来は体重に対しての1~2kg以上は1日に摂取する必要があります。

これで計算しても運動している方はほとんどの方が

必要量を確保できていないと思います。

 

その為にも運動している方には

ジム内でもお勧めしていますが、

「プロテイン」を運動後には摂取するとより

成果につながると思います。

 

まだ「プロテイン」を飲んだことのない方は

ぜひ一度お試ししていただければと思います。

 

それでは本日の内容も参考になれば幸いです。

【松比良】二の腕の引き締め!

こんにちは!土曜日担当の松比良です。

 

6月も残り1週間となりましたね。

 

来週末から近畿も梅雨に入ると

予報が出ていました。

 

雨の日が7月にかけて続きそう

なので、暑さと雨でジムに通うのが

億劫にならないように頑張ってください。

 

それでは、本日の内容に入っていきます。

 

本日は、夏に気になる二の腕のトレーニングを

紹介したいと思います。

 

夏になると薄着になり腕を出すことが

多くなると思いますが、たぷたぷの

状態だと出すのが恥ずかしいという方も

多いのではないでしょうか?

 

それを解消するためには筋肉量を

つけていくことが重要です。

 

食事も意識をして脂肪を減らすことも

大切ではありますが、筋肉をつけて

引き締めることも必要になります。

 

今日は私がおすすめするものを

1つ紹介します。


おすすめのものは

「トライセプスエクステンション」

という筋トレです。

 

ESTENSIONI CON MANUBRIO PER TRICIPITI 90 CAPO LUNGO TRICIPITE F 300x183

 

画像のような運動を行っていきます。

 

こちらは両手でもいいですが

私は片手で行うことをお勧めします。

 

ポイントは、腕を耳にできるだけ

近づけて行うということです。

 

それに加えて、動きはできるだけ

大きい方が効果的だと思います。

 

肘は思いっきりまげてそこから

しっかり伸ばすようにしましょう。

 

二の腕がきつくなればオッケーです。

 

動きが上手くできるようになれば

あとは重りの設定になります。

 

二の腕の筋肉は重量を上げて行うと

効果的です。

 

そのため、6~10回くらいがギリギリ

できる重さで設定をして行っていきましょう。

 

もう上がらなくなるくらいまで

追い込んでみてください。

 

是非ともジムで実践していただけたらと思います。

 

分からないことがあればトレーナーに

聞いてみてください。

 

それでは、夏に向けてシェイプアップを

頑張っていきましょう!!

 

では、来週もお楽しみに!

睡眠の質を上げる!

こんにちは!土曜日担当の松比良です。

 

昨日の夕方ごろから雨が降り出し

本日も1日を通して雨となっています。

 

ついに梅雨に入ったのかなと思いきや

明日からはまた晴れが続くようです。

 

良く分からない天気で気温や気圧の

変化も大きいため体調には十分に

気を付けていきましょう。

 

それでは、本日の内容に入って

いきたいと思います。

 

あなたは、いい睡眠をとることが

できていますか?

 

私は、最近は早めに寝て早めに

起きるという生活を続けています。

 

比較的いい睡眠がとれており

スッキリと目を覚ますことが

できていますね。

 

睡眠の質を良くするためには

「睡眠時間」や「睡眠環境」を

変えることが大事だと言われています。

 

もちろんそれらを変えればより

いいものになります。

 

加えて、いい睡眠をとるためには

重要なことがあります。

それが、「筋トレ」です。

 

シェイプアップや筋力アップのために

やっている筋トレですが、睡眠の質を

上げるためにも重要になります。

 

睡眠には、大きく分けると2つの種類が

ありますね。

 

これはご存知だと思います。

 

「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」です。

 

そして、より細かく分けた時にあるのが

「徐波睡眠」というものです。

 

これが睡眠の質を上げるためには重要に

なります。

 

徐波睡眠の時間を長くすることが

できれば睡眠の質は上がり、短いと

質が下がってしまうのです。

 

そのため、睡眠時間を長くできた

としてもこの徐波睡眠の時間が

短いといい睡眠とは言えないという

ことになります。

 

そして、徐波睡眠を長くするためには

筋トレが重要になるのです。

 

筋トレをすることにより

 

・体温の上昇

・心拍数の低下

・BDNF(神経栄養因子)の増加

・グルコース代謝の増加

・成長ホルモンの増加

 

これらの効果が期待できます。

 

一つずつ説明をすると長くなるので

今回は省略します。

 

上記の効果というのが徐波睡眠の時間を

長くする要因となるのです。

 

「睡眠」と「筋トレ」には密接な関係が

あるので質を上げるためにも筋トレを

引き続き頑張って欲しと思います。

 

それでは、次回もお楽しみに!

熱中症予防として

こんにちは。金曜日担当の前田です。

 

もう6月も中旬になり、もう7月に入りますね。

暑い季節になるので、体調には気をつけていきましょう!

 

そんな暑い季節に注意が必要なのは「熱中症」です。

 

熱中症を未然に防ぐためには、こまめに水分補給をすることが大切です。

 

体内の水分が減ってしまうことによって、血圧が下がったり

血液がドロドロになったりして、上記した症状以外にも

心筋梗塞や脳梗塞が起きる可能性が高まってしまいます。

 

ただ、水分補給にも適切な飲料水というものがあり

普通の水を飲んでいるだけでは自発性脱水になる可能性があります。

 

自発的脱水とは、発汗時に水分だけを補給すると

血液が水分で薄まることで血中の塩分濃度が低下してしまいます。

 

すると、血中の塩分濃度を一定に保つために利尿が起こり

結果として水分補給の効果が低減してしまう現象のことを言います。

 

つまり、カラダから水分が尿として失われているにも関わらず、喉の渇きは

感じることができないという危険な状態におちいる可能性が出てきてしまいます。

 

このような状態にならないためには適切な飲料水を

補給する必要があり、適切な飲料水のつくり方を紹介します。

 

塩分0.1~0,2%

糖質4~8%

 

この数字を皆さんはぜひ覚えてください。

 

普通のお水に上記した比率の塩分、糖質をプラスするだけで

簡単に熱中症を防ぐために有効な飲料水をつくることができます。

 

水1ℓで適切な飲料水をつくる場合は

塩分1~2g  糖質40~80gということです。

 

水分補給も適切な方法があるので上記した飲料水を普段から

飲むことによって熱中症にならないようにしていきましょう!

身体のエネルギーになる栄養素

こんにちは。日曜日担当の楠瀬です。

 

先週は栄養について簡単にお話をしていきました。

 

本日は先週お話しした栄養素の中でも

エネルギーになるものについて

お伝えをしていきます。

 

エネルギーになるものとなると、

あなたは何を思い浮かべますか?

例えば、糖質や炭水化物、食品だとごはんやパン、

甘いもの(お菓子類)といったものが思い浮かぶと思います。

しかし、これらはもちろんエネルギーとなるものですが、

その他にも脂質つまり油物や緊急時にはたんぱく質も

身体の中でエネルギーとなって働いています。

 

エネルギーは安静にしていても、睡眠をとっていたとしても

臓器を動かしたり、

生命維持をしていくために消費をしており、

生きているうえでは必要不可欠なもので

枯渇しないように食事を随時とる必要があります。

 

しかし、現代ではこれらをほとんどの人が摂りすぎで

一番エネルギーとなってくれる糖質や脂質が原因となって

肥満や糖尿病など問題となっている病気にかかる人も多く、

どちらかといえば、糖質や脂質はとってはいけないという

ことを言っている方もいます。

 

しかし、摂りすぎなだけで本来は必要な栄養素であり、

先週にもお伝えしましたが、タンパク質のみの食事では

タンパク質が身体の材料としてだけではなく、

エネルギーにも使われることになります。

 

またそのたんぱく質をエネルギーとする過程でも

かなりのエネルギーが必要となり結果効率の悪い体の状態となるため

「減らすこと」は必要でも「なくす」という極端なことにならないよう

食事の調節が重要となります。

 

夏の時期でダイエットを早急にと考えて

極端なダイエットに手を出す方もいますが、

これらは短期的に効果が出てものちに待っているのは

リバウンドと元に戻ることが目に見えていますので

そうならないためにも地道に食事や運動の改善をして

短期的ではなく、長期的に結果の出るよう

日常の習慣を改善していただければ幸いです。

 

それでは今週もよろしくお願いいたします。

トレーニングの強度を上げる!

こんにちは!土曜日担当の松比良です。

 

先日は、大雨が降りついに梅雨

入りかと思いましたが、今日は晴天、

もう少し天気もよく暑い日が続き

そうです。

 

熱中症には十分に注意をして

いかないといけませんね。

 

さて、本日のブログではトレーニング

についてのお話を少ししていきます。

 

トレーニングをするときは、やはり

強度を上げることが重要です。

 

強度の上げ方には様々なやり方が

あります。

 

どのような方法があったか

覚えているでしょうか?

 

基本は、重りを上げたり、

回数を増やしたり

などがあったと思います。

 

私が最近強度を上げるために

実践していることは片方ずつ

トレーニングをするということです。

 

片方ずつというは

「片手・片脚」で行うことになります。

 

このトレーニング方法では主に

ダンベルを使います。

 

片手でチェストプレス

片脚でスクワット(ブルガリアンスクワット)

 

といった形です。

 

片方ずつ行うことによって不安定に

なります。

 

不安定になると安定をさせようと

より筋肉が働いて筋力強化や筋肥大に

繋がるのです。

 

いくつか方法はありますので

気になる方は聞いてくださいね。

 

しかし、注意事項があります。

 

正しいフォーム、重りで行わないと

不安定な分、ケガをしてしまう恐れが

あります。

 

むやみに片方で行えばいいという

わけではないので注意をしてください。

 

よりトレーニングの強度を上げて

行きたいという方は是非とも

試してもらったらと思います。

 

それでは、次回もお楽しみに!

 

 

 

Copyright ©フィットネス&スパ VIVA板宿 All Rights Reserved.