メニュー

スタッフコラム - フィットネス&スパVIVA板宿-リラックス施設充実のジム

スタッフコラム

マグネシウムは大切

こんにちは。金曜日担当の前田です。

 

すっかり涼しくなり、過ごしやすい日が続いていますが

これからは寒い時期になるので体調管理が難しくなりますね…

 

体調を崩さないように日常を過ごしていきましょう!

 

今回は「マグネシウム」について書いていきたいと思います。

 

マグネシウムは、300種類以上もの酵素の働きをサポートし

エネルギー産生をスムーズに行うなどの働きがあります。

 

マグネシウムは欠乏すると、血圧上昇や動脈硬化などを起こしやすくなると

されており、とくに日本人はマグネシウムの摂取不足が指摘されています。

 

血圧上昇や動脈硬化の要因としては「カルシウムの石灰化」であり

「カルシウムの石灰化」の原因の1つはマグネシウム不足です。

 

カルシウムとマグネシウムの摂取比率は1:1が理想とされていますが

この理想的な比率で摂取することができなければ、体内のイオンバランスに支障を

きたす恐れがあり、そのことが「石灰化」に繋がってしまいます。

 

石灰化の簡単な仕組みは、血液中でカルシウムが過剰になり

そこで不要になったカルシウムは血管壁に付着して石灰化してしまいます。

 

そのことが血圧上昇や動脈硬化に繋がっているということです。

 

マグネシウムを多く含む食品に

 

・海藻

・玄米

 

があるのですが、これからの多く摂取している方は少ないと思います。

 

そのことから多くの方は、マグネシウムが不足している

状態である可能性が高くなっているということです。

 

そのため、マグネシウムを多く含む食品を意識して摂取することはもちろんですが

なかなか難しいため、サプリメントで摂取することがオススメです。

 

私が実際に使用しているサプリメントを紹介したいと思います。

そのサプリメントは、以下のものになります。

 

http://www.nu-science.co.jp/productgroup/%E8%B6%85%

E9%AB%98%E6%BF%83%E5%BA%A6%E3%83%9E%E3%

82%B0%E3%83%8D%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0/

 

サプリメントをうまく活用することも大切になるので

気になる方はぜひ試してみてください!

筋肉の分解と合成

こんにちは!土曜日担当の松比良です。

 

昨日は、気温がグッと下がって

過ごしやすい季節になったなと

思いました。

 

しかし、本日はまた30℃を超えて

日差しも強くまた夏が戻ったなと

いう感じでしたね。

 

この週末を最後に気温は下がって

行くようなので一安心です。

 

次は、寒さに向けて備えをして

いかないといけませんね。

 

それでは、本日の内容に入って

いきたいと思います。

 

筋肉には、「分解」と「合成」が

ありこれが繰り返し行われています。

 

そして、この両方が筋トレ後にどのように

カラダへ作用しているのかを意識する

ことがシェイプアップに繋がります。

 

筋トレ後には、分解と合成は

高くなっている状態です。

 

そのタイミングで、食事を摂ることが

できれば筋肉を合成して成長させる

ことができ、分解を抑ええることが

できます。

 

これが一番いい状態と言えますね。

 

それとは反対に食事を摂らなければ

筋肉の合成は低くなり、分解が

高まってしまい筋肉量が減ってしまいます。

 

そのため、筋トレをしたとしても栄養を

意識して摂らなければ逆に筋肉が

減ってしまうということです。

 

また、ダイエットに効果があると思い

有酸素運動をした場合だと、

 

筋肉の分解が大きく高まるため

体重は減りますが代謝が落ちて

逆効果となってしまいます。

 

このように筋肉の分解と合成を考えて

食事を摂ったり、運動をしたりする

必要があります。

 

また、食事を摂るタイミングも重要です。

 

筋トレ直後は、筋肉の合成が優位に

働いているため、食事をしたとしても

太りにくいです。

 

およそ2~3時間後までは脂肪が

付きにくいと言われています。

 

反対に、夜遅くの食事や寝る前の

食事はいけませんね。

 

脂肪の合成の方が優位になっている

ため、食べたものがエネルギーと

して使われず脂肪としてカラダに

蓄積されます。

 

このように分解と合成に関しては

食事のタイミングも重要になります。

 

どのような食事をするかもとても

重要ですが、どのタイミングで

食事をするのかも意識してみてください。

 

それでは、次回もお楽しみに!

平均寿命と健康寿命

こんにちは。金曜日担当の前田です。

 

9月も早いもので半月が過ぎました…

朝と夜は涼しくなってきましたが、昼間はまだ暑い日が

続くことが予想されるので、体調には気をつけていきましょう!

 

さて、皆さんは「平均寿命」と「健康寿命」を聞いたことがありますか?

 

「平均寿命」とは、ゼロ歳の人が肉体的に何歳まで生きられるかを予測した平均余命。

 

「健康寿命」とは、平均寿命から重いケガや病気によって障害期間を引いた年数。

 

今日の日本では、この「平均寿命」と「健康寿命」の差が問題になっています。

 

男性の場合

平均寿命:81.25歳 健康寿命:72.14歳

 

女性の場合

平均寿命:87.32歳 健康寿命:74.79歳

 

男性で9.11年、女性で12.53年の差が出ているということです。

 

男性の約9年、女性の約12年は簡単に言えば、健康に生きることができて

いない期間であり、これだけ長い期間をなにか障害を抱えながら生活することは

誰しもが避けたいと思うことであると思います。

 

では、そのためになにが必要かというと、「健康」でいることが大切であり

その「健康」でいるためには、「運動」・「栄養」・「休養」が大切になります。

 

そのために大切なことは日々私たちが発信しているので

そのことを参考にして生活することによって

より良い未来が繋げることができると思います。

 

「平均寿命」と「健康寿命」に差がない将来を迎えるために今を取り組んでいきましょう!

刺激を変えていくこと

こんにちは!土曜日担当の松比良です。

 

本日は、夜の時間にフットサルを

行ってきました。

 

もう筋肉痛が来そうな感じが

しています。笑

 

いつもとは違った運動で汗をかく

というのも気持ちよくいいなと

思いました。

 

皆さまも筋トレばかりではなく

スタジオレッスン等も活用して

いい汗をかいてください。

(スタジオばかりにならないように注意。笑)

 

それでは、本日の内容に入って

行きたいと思います。

 

本日のメルマガでは、マシンと

フリーウェイトの違いについて

お話をしました。

 

それに近いお話をしていきます。

 

筋トレをしていてこんな悩みは

ないでしょうか?

 

●一定のウェイトまでは上げれたが

 それ以上をなかなか上げることが

 できない

 

●最初は筋肉が大きくなったように

 思ったが今はあまり変化がなく

 停滞している。

 

このような悩みのある方は、筋肉が

刺激に慣れているのかもしれません。

 

以前にもお伝えしたように筋肉の

発達はストレスへの応答反応だと

言われています。

 

同じようなトレーニングを続けて

いると筋肉はそれをストレスと

考えなくなってしまうのです。

 

また、同じようなトレーニングばかり

行っていると筋肉だけではなく関節や

神経にも常に同じような刺激が蓄積

するためオーバーワークとなって

しまいます。

 

知らず知らずのうちにケガに

繋がらう可能性があるということです。

 

そういった面でも刺激を変えていく

ことはとても重要になります。

 

そのためには、定期的にトレーニング

内容を変えていく必要があります。

 

変えていくやり方のことをトレーニング

用語で「ピリオダイゼーション」と

言います。

 

これは、週によってトレーニングを変えたり

月によって変えたりするということです。

 

細か人は、2~3週間おきに決められた

変化をつけている人もいます。

 

そこまで、細かくする必要はありませんが

少しずつ変化を与えることは大切です。

 

そこで、活用するのがマシンと

フリーウェイトですね。

 

この二つは刺激が全く違ったものに

なりますので、週によって使い

分けるには打って付けです。

 

私もマシンだけでのトレーニングの日を

作ったりしています。

 

「刺激を変えていくこと」

 

少し停滞気味の方は試してみてくださいね。

 

それでは、次回もお楽しみに!

 

 

 

トレーニングの順番は?

こんにちは!土曜日担当の松比良です。

 

早くも8月も月末となりました。

皆さまはどのようにお過ごしですか?

 

私は、月末に3連休をいただくことが

できたので実家に帰省をしています。

 

田舎は、ゆっくりするにはいいですね。

しかし、3日間トレーニングができない

のでうずうずしてしまいます。笑

 

神戸に帰ったらすぐにジムに行って

筋トレをしようと思います。

 

そのときは、久しぶりなので全身の

トレーニングをしようかなと考えて

いるところです。

 

全身をしようと思ったときに考える

ことは「カラダのどこから鍛えれば

いいのかな?」ではないでしょうか?

 

絶対にカラダのこの部分から

ということはないのですがおすすめ

の順番はあります。

 

その順番が、、

 

下半身の筋肉

上半身の筋肉

体幹の筋肉

 

こんな感じですね。

 

この時の考え方としてポイント

となることは2つあります。

 

1つが「集中力」、もう一つが「疲労」です。

 

筋トレにおいては集中力がとても

重要になります。

 

これが欠けてしまうと

上手く鍛えることが出来なかったり

ケガをしてしまったりします。

 

そして、最も集中力が必要な部分は

下半身です。

 

筋トレでは、より大きな負荷を与える

トレーニング程、集中力が必要になります。

 

下半身は、全身の中で最も筋肉が多く

その結果、負荷も一番多く必要になるので

集中力も必要だということです。

 

下半身の次が上半身になるのは

「疲労」が関係しています。

 

上半身のトレーニングをする際は

体幹の筋肉も合わせて使うことが

ほとんどです。

 

姿勢を安定させたり、フォームをキレイにしたり

するためには体幹の筋肉は欠かせません。

 

そのときに体幹の筋肉からトレーニングを

してしまっていると疲労しており

姿勢やフォームを保つことができなくなります。

 

それでは、上手く上半身を鍛えることが

出来ないので体幹のトレーニングは

最後にした方がいいのです。

 

このようにトレーニングの順番も意識して

行っていくと効率よく鍛えることができます。

 

トレーニングの順番をあなたも考えて

みてください。

 

最後に私の実家からの写真を1枚。笑

とても田舎の風景です。

 

DSC 2311

 

それでは、次回もお楽しみに!

体内のミネラルを一定に保つ

こんにちは。金曜日担当の前田です。

 

早いものでもう8月も終わりを迎えます…

皆さまはどのような8月になりましたか?

 

さて、今回はミネラルについて書いていきたいと思います。

 

五大栄養素はご存知の方が多いと思いますが、ミネラルはそのうちの1つです。

 

ミネラルの濃度は、血漿中において一定濃度に保たれているようになっていますが

この濃度が変化してしまうことによって、カラダに悪影響が出てしまいます。

 

ミネラル濃度が変化する要因は主に以下の3つになります。

 

①食事

②多量の発汗

③激しい運動

 

食事でミネラル濃度が変化する大きな原因は、食事に多く含まれているナトリウム(塩)です。

 

体内ではナトリウムとカリウムの動きはお互いに逆になることが基本であるので

食事でナトリウムを多量に摂取することによって、このバランスが崩れてしまいます。

 

そのことがミネラル濃度を一定に保つためには弊害になってしまいます。

 

そのため、食事ではなるべくナトリウム(塩)を多量に含むものを

避けて取ることが望ましいと言えます。

 

また、多量の発汗や激しい運動も同様にミネラル濃度を一定に保つための弊害に

なっているので、なるべく避けることが望ましいです。

 

フィットネスクラブの運動では、多量の発汗や激しい運動に繋がることは

ほとんどないので、通常の水分補給をしていれば問題はないと思います。

 

この中では「食事」による変化がもっとも多いと思うので

食事をする際はナトリウム(塩)には特に注意していきましょう!

呼吸はとても大切

こんにちは!土曜日担当の松比良です。

 

最近は、突然の雷雨がありますね。

 

急に降ってくることがほとんどなので

注意が必要になります。

 

気温は、少しジメジメしていますが

暑さは和らいでいるように思います。

 

しかし、まだ油断はできないので

水分補給はきちんとするように

しましょう!

 

それでは、本日の内容ですが

トレーニング中の呼吸の重要性

についてお話をします。

 

筋トレ中に頭が痛くなった

 

という経験をしたことはありませんか?

 

私も以前は、やっているときに

頭が痛くなることがたまにありました。

 

原因は、いくつかありますが

その中でも呼吸の仕方が原因

している場合が多いです。

 

筋トレ中に息を止めてしまう

ことによって頭痛を引き超す

場合があるからです。

 

筋トレ中に呼吸を止めると

血圧が上がってしまいます。

 

約3倍と言われているほどです。

 

血圧が上がると脳の血管が拡張して

頭痛を引き起こすと言われています。

 

そのため、筋トレ中は呼吸をする

こと意識するようにしましょう。

 

しかし、どうしても踏ん張ると

止めてしまう人もいると思います。

 

また、呼吸を意識すると筋肉への

意識が薄れてしまうかもしれません。

 

そこで、おすすめの方法が小さく

数を数えるということです。

 

大声でやってしまうと周りに

迷惑がかかるので小さく

 

「1、、2、、3、、」

 

という感じですね。

 

数を数えれば自然と呼吸はしますし

そこまで意識もしなくて大丈夫だと

思います。

 

頭が痛いという方は、是非とも

行ってください。

 

そうでない方も実践してみると

いいと思います。

 

それでは、次回も楽しみに!

効果的な休息

こんにちは!土曜日担当の松比良です。

 

台風が過ぎた後は大変な猛暑と

なっております。

 

本日も気温がグッと上がりました。

 

熱中症になる方も増えているようなので

注意が必要になります。

 

運動中などは特に水分補給を

小まめに行うようにしてください。

 

それでは、本日の内容に入っていきます。

 

あなたは、筋トレをした次の日は

どのように過ごしていますか?

 

また、運動後すぐはどのようなケアを

しているでしょうか?

 

ここの過ごし方次第で筋肉痛や疲労の

度合いが変わってきます。

 

筋トレをしてからは2~3日休息を

とりましょう!

というのはもうご存知の方も多いと思います。

 

そこでどのような休息を取るかが

非常に大切になるのです。

 

休息には2種類あります。

 

●消極的休息

●積極的休息

 

多くの方がイメージする休息は1つ目の

消極的休息だと思います。

 

これは、昼寝や睡眠のようにカラダを

動かさずにじっとする休息です。

 

それに対して積極的休息はウォーキングや

ランニング、ストレッチなどの運動を

行いながら休息を取ることです。

 

筋トレ後に行って欲しいのは2つ目の

積極的休息になります。

 

休息なのに運動をしていはいけないのでは?

と思った方もいるかもしれません。

 

しかし、ゆっくりと休む消極的休息よりも

積極的休息の方が回復時間が早いという

研究もあるくらいなのです。

 

それは、どうしてか?

 

答えは、血流に関係しています。

 

筋肉痛や疲労を回復させるには、

酸素や栄養をそれらの組織に運ぶ

必要があります。

 

その運ぶ役割を果たしているのが血液です。

 

その血液の流れを良くすればより栄養や酸素が

疲労している組織に運ばれ回復をしていく

ということになります。

 

血液の流れを良くするためにはただ休んで

いるだけではいけません。

 

有酸素運動やストレッチが血液の流れを

良くするには効果的になります。

 

そのため、筋トレ後は積極的に運動を

することが必要なのです。

 

しかし、強度は上げ過ぎてはいけないので

注意をしてください。

 

それでは、次回もお楽しみに!

 

 

炭水化物がすべて同じではない

こんにちは。金曜日担当の前田です。

 

昨日は台風の接近により、クラブは12時で休館となりました。

9月11日(水)に振替営業を行うので、皆さまのご来館をお待ちしています。

 

さて、本日は「炭水化物」について書いていきたいと思います

 

炭水化物と言っても様々な種類がありすべての炭水化物が同じというわけではありません。

 

炭水化物を選ぶ際に注意すべきポイントは以下の2つになります。

 

・血液中にゆっくり取り込まれること

・ミネラルやビタミンが含まれていること

 

例えば、砂糖や白米、精白小麦粉などは分解に時間がかからないため速やかに血液中に入り

エネルギーとしてすぐに消費されます。

 

これは一見するとよいとのようにも感じますが、たちまちエネルギー切れを起こしてしまい

バテやすく集中力も長続きすることがありません。

 

では何を摂ればよいのかというと「玄米」などの未精製穀物がそれに当たります。

 

未精製穀物の多くは、分解から吸収までに一定の時間がかかり血液中にゆっくり取り込まれていきます。

 

継続してエネルギーへとつくり変えられていくため、スタミナや集中力が長続きするようになります。

 

また、未精製穀物はミネラルやビタミンなどの栄養素も多く含まれており

これらの栄養素は炭水化物をエネルギーに変えるときには必要不可欠なものになります。

 

そのため、効率的にエネルギーに変えることが可能になります。

 

このように同じ炭水化物でも大きく変わってくるので何を選択するのかは大切になってきます。

 

まずは「白米」を「玄米」に変えてみませんか?

 

カラダの変化を感じることができると思います。

硬いカラダのリスクと弊害

こんにちは!土曜日担当の松比良です。

 

よりいっそ暑さが厳しくなって

きましたね。

 

本日から盆休みという方もいると

思います。

 

連休がある人、ない人ともに暑さ

には気を付けて日々を過ごして

ください。

 

それでは、内容に入っていきます。

 

本日は、柔軟性についてのお話を

少ししていきます。

 

カラダが硬いという人は多くいると

思います。

 

しかし、なかなかストレッチを

頑張って行っている人はいません。

 

それは、カラダへの影響をあまり感じて

いないからだと思います。

 

困っていないからしないというのは

なんとなく分かる気もしますが、

痛みやコリなどを感じている人でも

ストレッチをしていないという人も

多くいますね。

 

カラダへの弊害が出ているのであれば

絶対にしないといけないですし、あまり

感じていない人でもすでに感じていない

ところで弊害があったり、起こるリスク

があったりします。

 

どのような弊害やリスクがあるかというと、、、

 

●関節可動域が小さくなる

●筋肉が衰える

●血行が悪くなる

 

これがカラダが硬い方のデメリットです。

 

このデメリットによって起きるのが

カラダへの二次弊害になります。

 

●カラダに痛みが出る

●姿勢が悪くなる

●基礎代謝が落ちて太りやすくなる

●疲れが溜まりやすくなる

●けがをしやすくなる

 

このようにカラダが硬いことで

起きている弊害はたくさんありますね。

 

上記の弊害の中でも1つは当てはまる

人がいるのではないでしょうか?

 

それは、カラダが硬いことが原因

しているかもしれません。

 

やはり、カラダにおいて柔軟性は

とても重要な要素になりますので

できるだけ硬くないカラダを作る

ようにしていください。

 

そのためには、ストレッチをすること

に尽きるので頑張って行っていきましょう!

 

それでは、次回もお楽しみに。

Copyright ©フィットネス&スパ VIVA板宿 All Rights Reserved.