fbpx    

メニュー

生活習慣病の改善・予防のため - フィットネス&スパVIVA板宿-リラックス施設充実のフィットネスクラブ

スタッフコラム

生活習慣病の改善・予防のため

こんにちは。金曜日担当の前田です。

 

クラブの営業も残り1週間となりました。

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

 

さて、今回は生活習慣病の改善方法や予防できる理由について書いていきたいと思います。

 

・脂質異常症への効果

運動を継続的に行うことによって、以下の3つが変化します。

 

・総コレステロールの低下

・中性脂肪の低下

・HDLコレステロールの増加

 

脂質異常症は、血中に含まれる脂質の組織が正常ではない症状を指すので

運動することによって、脂質を正常に促すことが可能になります。

 

・糖尿病への効果

糖尿病は、インスリン感受性が1つポイントになり、

インスリン感受性が高い方とインスリン感受性が低い方がいます。

 

インスリン感受性を簡単に説明すると、インスリンは血液中のブドウ糖を

筋に取り込む働きがあるのですが、その取り組む速度のことを指します。

 

この速度には個人差があり、

・速度が速い場合を、インスリン感受性が高い

・速度が遅い場合は、インスリン感受性が低い

 

インスリン感受性が低ければ、血糖値が低下しにくいということなので

インスリン感受性は高いほうが良いということになります。

 

運動することによって、インスリン感受性の低下を防止することができ、

そのことによって、糖尿病の予防に繋げることができます。

 

・高血圧への効果

 

運動を継続すると個人差はあるものの血圧は低下します。

 

血圧が低下する要因としては、心拍出量・末梢血管抵抗の低下があります。

 

血圧は血管壁に与える血液の圧力を示し、主として心拍出量(心臓から拍出される血液量)と

末梢血管抵抗(末梢血管での血液の流れにくさ)によって決まります。

 

そのため、運動で2つが低下すると血圧を下がるということです。

 

上記したように運動によって、生活習慣病を改善できるだけでなく予防に繋げることも可能になります。

 

ただ、運動を短期的に行っても効果を期待することはできず継続して行っていくことが重要になります。

 

そのため、皆さんも運動をぜひ継続してください!

Copyright ©フィットネス&スパ VIVA板宿 All Rights Reserved.