メニュー

暴飲暴食したときの考え方 - フィットネス&スパVIVA板宿-リラックス施設充実のジム

スタッフコラム

暴飲暴食したときの考え方

こんにちは!土曜日担当の松比良です。

 

本日は、ハイキングサークルの

活動日でした。

 

森林植物園で紅葉を見てきたのですが

凄く綺麗でした。

 

この季節は、外を歩くのがとても

気持ちいいですね。

 

皆さまも是非紅葉を見に行ってみて

ください。

 

それでは、本日のお話をしていき

たいと思います。

 

これからの季節は、暴飲暴食が

多くなりがちです。

 

毎週、忘年会があったり、連続で

あったりする人もいるのでは

ないでしょうか?

 

私もおそらく6回くらい忘年会が

入っています。

 

もう太るのは仕方ないと開き直って

いる方もいるかもしれません。

 

しかし、それでは太るだけでなく

健康にもとても悪いです。

 

そこで、食事の考え方を本日は

お伝えします。

 

1日、3食を摂っている人がほとんど

だと思います。

 

その場合、1週間で考えると、、

 

「1日3食 × 7日 = 21食」

1週間で21食の食事をとっていることに

なりますね。

 

その中で、1食や2食崩れたとしても

他でカバーすることができます。

 

こう考えると難しことではないと

思います。

 

私も食べすぎた日のあとは朝食から

意識して体重をキープしています。

 

体重を減らしたいのであれば食べ過ぎ

があってはいけませんが、維持する

のであれば少々大丈夫です。

 

これからの暴飲暴食に向けて考え方を

改めて準備をしてみてください。

 

それでは、次回もお楽しみに!

Copyright ©フィットネス&スパ VIVA板宿 All Rights Reserved.