メニュー

お尻を引き締めるには - フィットネス&スパVIVA板宿-リラックス施設充実のジム

スタッフコラム

お尻を引き締めるには

こんにちは!土曜日担当の松比良です。

 

10月ももう少しで終わりですね。

 

少しずつ秋らしくなってきており

気温も涼しくなってきました。

 

寒暖差の影響なのか分かりませんが

私は鼻水が止まらなくなっています。

 

皆さまも体調を崩さないように

注意をしてください。

 

それでは、本日の内容に入って

いきたいと思います。

 

もう少しで冬がやってきますが

冬になるとどうしても食べ過ぎて

太ってしまうという人は多いですね。

 

そして、太ってしまって気になるのは

体重もそうですが、やはり見た目だと

思います。

 

見た目もカラダのあらゆるところが

気になるはずです。

 

二の腕、、お腹、、太もも、、

 

そんなカラダの中でも気になる人が

多いのがお尻だと思います。

 

「お尻に脂肪がついてしまって

垂れてきてしまう」

 

この原因となるのが、

 

「筋肉量」と「柔軟性」です。

 

先ず、筋肉量から見ていきましょう。

 

下半身の筋肉は全身の中でも

特に量が多くなっています。

お尻もその下半身の筋肉の一つです。

 

そして、量が多い分衰えやすいのも

下半身の筋肉になります。

 

普段から使うようにしていないと

下半身はすぐに筋肉量が落ちて

しまいます。

 

筋肉がついていれば引き締める効果

が期待できますが、それが年々減少

してしまうわけなのでお尻も垂れて

来てしまいますね。

 

そのため、筋肉量を増やしていくことが

重要になるのです。

 

次に柔軟性で見ていきましょう。

 

あまり柔軟性は関係ないように

思われるかもしれませんが実際は

大きく関わっています。

 

柔軟性が悪くなると姿勢も悪くなります。

いわゆる猫背になるということです。

 

猫背になってしまったことを考えて

みてください。

 

お腹が前に出て背中が丸くなった状態を

イメージすることができると思います。

 

そうなればおのずとお尻も下に下がって

しまいますね。

 

姿勢が悪くなることもお尻を

垂れさしてしまう原因になるのです。

 

このように見た目を変えたいと考えた

時は、「筋肉量」を増やすこと

「柔軟性」を向上させることが

とても重要になります。

 

気になる方は、頑張って取り組んでいきましょう!

 

それでは、次回もお楽しみに!

Copyright ©フィットネス&スパ VIVA板宿 All Rights Reserved.