メニュー

刺激を変えていくこと - フィットネス&スパVIVA板宿-リラックス施設充実のジム

スタッフコラム

刺激を変えていくこと

こんにちは!土曜日担当の松比良です。

 

本日は、夜の時間にフットサルを

行ってきました。

 

もう筋肉痛が来そうな感じが

しています。笑

 

いつもとは違った運動で汗をかく

というのも気持ちよくいいなと

思いました。

 

皆さまも筋トレばかりではなく

スタジオレッスン等も活用して

いい汗をかいてください。

(スタジオばかりにならないように注意。笑)

 

それでは、本日の内容に入って

行きたいと思います。

 

本日のメルマガでは、マシンと

フリーウェイトの違いについて

お話をしました。

 

それに近いお話をしていきます。

 

筋トレをしていてこんな悩みは

ないでしょうか?

 

●一定のウェイトまでは上げれたが

 それ以上をなかなか上げることが

 できない

 

●最初は筋肉が大きくなったように

 思ったが今はあまり変化がなく

 停滞している。

 

このような悩みのある方は、筋肉が

刺激に慣れているのかもしれません。

 

以前にもお伝えしたように筋肉の

発達はストレスへの応答反応だと

言われています。

 

同じようなトレーニングを続けて

いると筋肉はそれをストレスと

考えなくなってしまうのです。

 

また、同じようなトレーニングばかり

行っていると筋肉だけではなく関節や

神経にも常に同じような刺激が蓄積

するためオーバーワークとなって

しまいます。

 

知らず知らずのうちにケガに

繋がらう可能性があるということです。

 

そういった面でも刺激を変えていく

ことはとても重要になります。

 

そのためには、定期的にトレーニング

内容を変えていく必要があります。

 

変えていくやり方のことをトレーニング

用語で「ピリオダイゼーション」と

言います。

 

これは、週によってトレーニングを変えたり

月によって変えたりするということです。

 

細か人は、2~3週間おきに決められた

変化をつけている人もいます。

 

そこまで、細かくする必要はありませんが

少しずつ変化を与えることは大切です。

 

そこで、活用するのがマシンと

フリーウェイトですね。

 

この二つは刺激が全く違ったものに

なりますので、週によって使い

分けるには打って付けです。

 

私もマシンだけでのトレーニングの日を

作ったりしています。

 

「刺激を変えていくこと」

 

少し停滞気味の方は試してみてくださいね。

 

それでは、次回もお楽しみに!

 

 

 

Copyright ©フィットネス&スパ VIVA板宿 All Rights Reserved.